Return to site

18年後

18 years later

· 仕事,日々思うこと

7月31日

晴れ渡った空、暑い1日となった2017年7月31日。

お台場の駐車場では『GLAY』のサプライズフリーライブが敢行されました。

この7・31というのは「GLAYの日」とファンに呼ばれる、1999年に幕張の20万人ライブ『SURVIVAL』が行われた日。
この1999年の20万人ライブ、ツアーパンフを手掛けていた我が師匠のもと、オフィシャルカメラマンとして撮影しました。あのライブの光景は忘れることはないでしょうね。

 

見たこともない大きなステージ、大波のような人の渦、沈む夕陽に歌うメンバーの美しさ◎

リハーサルのあった本番前日は私もステージに上がっていたのですが、テストした特効の炎があんまりにすごくって。。すぐ近くにいたHISASHIさんとその熱風のすごさが言葉にならなくって、見開いた目を合わせて大笑いしたっけ。

サブステージに上がろうとカメラ抱えてうんしょうんしょと登っていたら、当時セキュリティに付いてた『ネスタ』と呼ばれる黒人が、にっこり笑ってひょいと持ち上げてステージに乗っけてくれた。細かった頃とはいえ、カメラ持った成人女性を頭より高い所にヒョイって。さすがボディガード!って感動したっけ。

どこまで行っても人、振り返っても人、見渡す限り人だらけ。

余りの人の多さに、携帯電話がdocomoもJ−phoneも一切通じなくなって。当時一番シェアの少なかった、私の使ってたIDOだけがかろうじてなんとか使えたんだっけ。

想像のつかない規模、あの夜ニュースで見た航空映像は衝撃だったなぁ。

情報錯綜もすごくって、色んなこと分からないままに炎天下の中、死に物狂いで走って撮影したのもいい想い出。そんな汗だくの中、沈む陽に溶けるようだったメンバーが本当に美しくって。

あぁこの仕事してて本当に良かった、って思ってたっけ。

EXPOと呼ばれるようになったGLAYの大型ライブ。2014の東北EXPOでは、独立した私がカメラマンとしてEXPOの写真ムックを撮影させて頂いた。

その撮影の少し前、久々にメンバーにお会いし挨拶した時の嬉しさったら。いっつも師匠に名前を連呼されて忙しく走り回ってたワタシ、函館生まれだからとメンバーに可愛がってもらってた『写真小僧』がとうとう彼らを撮影するのだ。

色んな準備も何もかもが楽しくってしょうがなくって。ネイルまで岩手のネイリストの友達に頼んで、撮影の前日にGLAY仕様にしてもらったっけ。

ビンテージっぽいロックなネイル、かわいいでしょ(^_-)

Nail Art by Mariko Shida @ S-PIO Ohfunato,Iwate

http://ohfunako.com/s-pio.html

https://www.instagram.com/mariko_shida/?hl=ja

いつも気さくで優しい笑顔をくれる、会うと心から嬉しくなるそんなメンバー。

 

『20万人』から18年後の今年の同じ日、同じくらい暑い炎天下。

未だに一線を走り続ける彼らを、未だカメラマンとして撮影出来る自分に幸福感が溢れたお台場。

続けるってなんであってもホント大事なことだよね。

ブログトップの写真は、師匠の写真の入った、18年前のオールフリースタッフパスと18年後のライブ会場(^_-)

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly