Return to site

Excuse Me.

細かくて丁寧な、なんて

· 日々思うこと

休館日に仕事で行った空間

ん〜気持ちいい!

って

先日の野田秀樹さんの取材(^-^)

芸術監督の野田さんは、尖ってるようで優しいようで痛快な様で

やっぱり正直に尖ったとっても自分の世界がひろ〜い方。

いいオトナの若い人への丁寧な優しさ なんて
単なるフリ なんだね、と。

ワカモンに自分で自分から苦労させて なんぼ。
努力させて なんぼ。

丁寧におしえたり しないよ。
頼まれもしない手伝いなんか しないよ。

頼まれてもそうそう手伝いなんか しないよ。

『悔しかったら、羨ましかったら、自分の力でここまで来なさいな(^_-)』

そう言い放ってやる。

けれど、そして。

そう思わせる魅力的なところに位置して

そしてその自分が ”自分の足” で今も立ってるコト

それこそ

『オトナの優しさ』

先に生まれたもののやれるコト、魅せれる強さなんだろなぁ、って。

若き日の自分が、上の世代に手取り足取り教わって

自分から動き出しもしなかった世界に一体飛び込んだか?

丁寧に教わったからこそ何かを学び取ったのか?と思い出したら

そんな記憶はまるで無い。

なにが分からないかすら分からないからこそ 

調べて試して

怒られて凹みながらも食らいついて伝えて

がむしゃらに吸収して這い上がった自分が居る。

それは過去を美化してるのでもない。

自分で探して自分で選んで飛び込んで

自分独自の方法で学び取ったからだ。

人のやり方なんてなぞってない。

だからこそ今、自分はここに居れるんだとはっきり思う。

丁寧に教えてあげる、のはきっと

単に自分へのエクスキューズ
 

自分の為に
自分の枠から飛び出されない様に
その中に収めたいエゴなだけ、なのかもな

 

次の世代のパワーを見くびっちゃいかんよな、って。

優しさって
オトナって なんだろ
なんだと思われてるんだろ?

それぞれの意見で構わない

それが自分が選んだものならば

だから私は 私の想う方へ ただ行くだけだな、と。

 

ふふふ、自分は自分。大笑いで生きていこう(^_-)

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly