Return to site

" Feel how the New Year is...vol.1 ”

『新年』って、さ。その1

· 日々思うこと,神様,スナップ,大切な人

2018年、寒中見舞い申し上げます。

気付けば、明けましておめでとうございますのフレーズも使えないほど、日が過ぎておりました。

2018年も、どうぞ宜しくお願い致します(^-^)

正月って云う行事は、今まで私にあんまり縁の無かった物。

でもなんだろな、今年はお正月って云う区切りが有って良かったな、ってココロが感じてる。

いいスタートをしたな、って。

そんな想いにさせてくれたお正月の風景をブログ3つ4つ続けて。

自分のためにも記しておこうって。

ここ例年となっている幼稚園からの幼なじみの男の子との年越し。

3人とも札幌の『ひかり幼稚園』のヒカリの子(^_-)

実家も親や兄妹はもうとっくに居なかったり、縁が無い人生を子供の頃から送って来た3人。

やっぱみんな『正月』って圧迫感にず〜っといやな想いをして来たもんで。。

初めて一緒に年越ししてみた何年か前

『昔からの〜我が家の正月〜』みたいな形は誰にも一切無いけど

なんか、こんなノンビリも悪くないね〜って。

何となく例年になって来てた今年。

今年はもう一人『ひかりの子』が加わってくれた。

彼は家族は居るし、家も有るんだけどね。

実家とかにみんな帰っちゃってて、彼の2世帯な大きなおウチに我々4人で年越し。

成田の彼の家に着くと、酒屋に勤めてる彼がシャンパン用意してくれてたよ。

 

晩ご飯はそれぞれ持ち寄った、故郷北海道の幼なじみや友人達が送ってくれた山盛りの海産物!

 

ズワイガニ、真ダコ、函館のイカさし、鯖、ぶり、帆立。

そしてここのおじさんが打ってくれてた、年越し蕎麦で〆〜。

超贅沢!超感謝!

のんで食べてたくさん笑って。

私は早々に居間でごろり。

 

寝ちゃいそうな私を誰が布団まで運ぶのか

お姫様抱っこは、こいつ無理だろう?誰行ける?

って幼なじみ達は盛り上がって笑ってたらしい(笑)

 

ちゃんと自力で布団まで行きましたよ、3人に見守られながら、ね(^_-)

ぐっすり眠ってノンビリ起きたら、幼なじみがお雑煮作ってくれてた♡

手際の良さ、いつもやってるんだろうなぁ。

 

忙しく働く彼は、休日に趣味のサーフィン楽しんだあとに子供達つれて色んな所に遊びに行く。

家のこと手伝ってるとかそんな感覚ではなくって

可愛いし家族が大好きだから、当たり前なんだって。

 

子供の頃ほんとよく遊んでた彼、こんな風になるとは想像してなかったよ。

最後に鰹節のっけて、ふわっと立つ湯気。

 

あ〜、何このシアワセ。

寝坊して起きて来た彼も、しみじみ頂く。

 

我々3人、このお雑煮のこと忘れないだろうなぁ。

シアワセ食べて、ほっこり1時間に2本の電車の駅から成田山に初詣◎

(三ヶ日での参拝が300万人ですって!)

参道で呑んで食べて、しつつ。

せっかくなので参拝に並ぶ。

すっげー人。先頭も後ろも見えない。

3時間待ち、の声も聞こえて『どうする?』って悩んだり。

だけどいいお天気だし、4人で居ると待てるかもなぁ、なんて私は思ってて。

腰いて〜とか腹減った〜とか酒飲みて〜、とかいいながら

1時間半で正門まで辿り着いたよ。

ど〜ん、成田山新勝寺

ど〜ん、どこまでも人人人!!

 

ほんとすごい人の数で、普段なら絶対並ばないんだろうけど

幼なじみと過ごすその待ち時間は、タダの待ち時間じゃなくって

彼らと過ごす、大事な時間。

たわいない話も、黙ってぼーっとしてる時も、

どれも大切な時間。

 

私が好き勝手動いても、振り返ればいつもそこに居てくれる。

気付くと待っててくれて、私が居なくなってないか振り返ってくれてる誰かが居る。

そんな幼なじみ達と、境内と参道と夕方から呑み続け。

 

帰るのめんどくさくなって、もう一泊(笑)

 

そんなわがままも、想定内の幼なじみの彼。

本当に昔から、引っ越してからもずっと、そして今も、

いつもいつもありがとうね◎

出発の朝になって、居間の棚に見つけたのはこんなお手紙。

 

幼なじみの娘ちゃん、息子ちゃんから。

大好きなパパ、借りちゃってごめんね。

でもちゃ〜んと『おともだち』のことも気遣ってくれて。

遊びに行く度、かっこいいな〜って言ってた私の青い車、も描いてくれてた。

 

なんか涙でそうだったよ。

 

ありがとうね。

波乗りに出る彼に合わせた早朝。

表に出たら、こんな美しいソラ。

そして浮かんでる大きな大きな満月。

 

一番満月に近い時間の朝焼け。

 

なんだよ、この歓迎感。

最高じゃないか、このお正月。

 

最高じゃないか、私の幼馴染み◎

『新年』って、さ。 つづく

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly